カテゴリー内にも       お役立ち情報満載!

ピットインカウンター              私のブログ成分は?

  • 何がでるかな~何がでるかな?
Powered by Six Apart
Member since 03/2009

ベストチョイスリンク

M900で遊ぼう

2010年11月20日 (土)

クーラント抜き替え方法はコレだ!

点検や車検のときにクーラント(冷却水)の交換をおこなった際、車種によってはエンジン内にエアが溜まったままなかなか抜けない車両があります

交換前より、水温が上がりやすくなったかな~ 

っと思った方はもしかするとエアが残留してる可能性がありますね

そんな時、活躍するのがコイツです!!

P1000489 P1000488

空になったエンジンの冷却水路を一時的に真空にしてクーラントを一挙に流し込みます

シュ~~!ジュゴゴゴゴゴーって感じです

真空状態から一気に大気解放するときの負圧でクーラントを充填する方法でエアの残留が限りなく少ない状態で効率良くクーラントを充填できます

これはGOOD!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン

2010年7月19日 (月)

748R 奮闘中!!しかし暑い

今日は3連休の最終日!!

皆さん、バイクは乗りましたか~?

暑すぎて体の方がオーバーヒート気味という方もおおいかもですね~

これから夏本番!!sun熱中症などに気をつけましょう

Dsc09488

昨日はドカ馬鹿のお二人が久々登場!!

いつ見てもピカピカの車体です!shineさすがドカ馬鹿!ドカ乗りの鏡です!good

Dsc09460

そして、今日も熱気ムンムンの工場で748Rのエンジンと奮闘中!!

Dsc09461_2 Dsc09457_3

Dsc09477_2 Dsc09484_2

バルブシートのあたりが悪くなっていたので、外注加工に出していたのですが、

先日、仕上がって戻ってきました

Dsc09486 Dsc09490_2

シートのあたりもバッチリです!good後は、きっちりシムを合わせてやればOK!

この調子で行けば今月の仕上がりに間に合いそうです

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ
にほんブログ村

blogram投票ボタンブログランキング【くつろぐ】人気ブログランキングへ

2009年12月 4日 (金)

DUCATI用オイルフィルターレンチ

ちょっと前にオイルフィルターレンチのことでご相談を受けましたので

紹介しま~すsign01

Dsc08902

Dsc08903

↑まずは、こちらが純正設定のレンチですsign01

品番 067503210  3,500円ぐらい

当たり面はプレス加工で密着性が低いため、力をかけ過ぎると滑ってしまう可能性がありますので注意が必要です

Dsc08906

Dsc08905

↑こちらはKTCのレンチsign03

品番 AVSA‐C76  2,600円ぐらい(かなり昔のカタログでの金額です)

成型は鋳物のアルミ?

作りはがっちりしているので、純正より使えます

dangerしかし、そのままの使用しても、フィッティングはあまり純正と差がないので、上の画像で分るように当たり面の奥は、実際は食いつき防止の出っ張りがあるので削ってしまいます

後、純正より外側が肉厚なので、これも強度に影響しない程度に削ります

そうしないと、クランクケースに干渉します(実際、合わせてみたら分ります)

最後に車種によりバーチカル(フロント)側のEXパイプに干渉してしまうもの(M400系など)もあるのでドカの全てに対応できるわけではないので注意が必要です

ま~、両方持っていればベストですが、個人で使う場合は車両をよく調べて使える方を購入すればいいかもですね

後、左のエンジンメンテのカテゴリー内にオイル交換方法も載せているので興味のある方はのぞいてみては?(danger慣れてない方は、失敗する前に素直にショップにお願いしましょうね)

参考になりましたか~ 

goodっと言う人は、下のタグのクリック応援の方もヨロシクお願いします

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ
にほんブログ村

blogram投票ボタンブログランキング【くつろぐ】人気ブログランキングへ

2009年11月 9日 (月)

748RヘッドO/H 第一話 徹夜で748Rと格闘の末‥‥

先ほどまで、748Rとの死闘を繰り広げておりましたが、ようやく決着を付けて帰宅してまいりました

だいぶ前に748RのヘッドO/Hを依頼されていたのですが、なかなか時間がとれず、1か月ほど放置プレイでした

最近、私もさすがに気になっていたので気合いを入れて

昨夜 午後23時30分ごろ(‥‥たぶん)

Dsc08850

宿敵748Rと、いよいよ、対決sign03

今、戦いのゴングが鳴り響くsign03

はずでしたが、意気込んでるわたしの携帯に着信sign02

「もしもし、‥‥うん、うん‥‥あ~分かった~‥‥は~い、では、お待ちしておりま~す」

ということで、K君からのTELにて一時中断sign01(まだ始まってもいないのですが‥‥)

今からアルマイト処理に出すパーツを取りに来るということだったのですが、

それもまだ、やっておりませ~ん

というわけで、そそくさとそっちの分解を開始~

‥‥ふ~、やっと本人にパーツを渡した時には、今日の午前3時

‥‥う~ん、眠い

748Rの対決は持ち越しか!?

いや、ここで敵に背を向けるわけには‥‥

夢の中に誘う眠気を振り払い、いざ、戦いの舞台にsign03

カ~~~ンsign03sign03

相手は、’02モデル 748Rsign01

なかなかの強敵です

Dsc08851

まずは相手の動きを確かめるため、ズバッズバー

先制攻撃ジャブで外装を取り外す

(不意を突いた攻撃で、相手は面喰っているみたいです)

しかし、すぐさま、相手も反撃sign01ドゴゴゴーォsign03sign03

中排気量とは思えない、素早く、心を突くジャブpunch

ううお~sign03このエキパイ食いついてる~

Dsc08852

工具をまき散らしながらも、きわどく攻撃をかわし

こちらも、相手のでかたをうかがう

しかし、先ほどから後ろで気になる音が‥‥ ウィ~ン  ウィ~ン

目をやれば、セコンドK君がエアリューターを使って、アルマイト処理予定のパーツを磨いている

「僕も明日、休みなんでパーツ磨かせてくださ~い」

K君に気をとられてる隙をつき、相手の素早いフックが飛び込んでくる

思わずのけ反る

危ない危ない、K君にかまってる時間は無い(只今、午前4:00)

わたしも相手の隙をつき

Fカウルに手を掛けクリンチ 

シュ、シュッsign01 んんっ sign02

ミラーを狙うがガードが厚い、相手もとっさに影にミラーボルトを隠す

夜の工場は暗い‥‥私は、さらにミラーに手を伸ばす‥‥

が、左のミラーマウントボルトに工具が掛らな~いsign01

ボルトの頭がバカになっている~クロスカウンターsign03

ぐふっ

強烈なカウンターをもらってしまった

よろけながらも、ミラーステーごとカウルを取り外し、何とか立て直す

‥‥私の後ろのセコンドは ウィ~ン  ウィ~ン シャッ、シャッ 「金やすりも使ってやってます」

K君はセコンド?なのか????

Dsc08853

きわどい攻防戦のさなか、ラジエター廻りの分解まで競り合い

私は、その中で絶好のチャンスを見つけたsign03

わかったぞsign01お前の弱点はココだ~sign03

ウィ~ン  ウィ~ン  シャッ、シャッ  ウィ~~~ン

Dsc08854

レインドロップ式インジェクタ~~sign03

私のきょ~れつなボディブローが相手の脇腹をえぐる

効いた~sign03

相手がよろけた隙をつき、エアボックスごと取り外す

Dsc08855

まだ、効いているみたいだ、相手の顔はつらく歪んでいる

これでお前の懐はガラ空きだ

きら~んeyeglassshine

私の目が一点を捕らえる

もらったー  sign03 

ウィ~ン  ウィン‥‥‥  シャッ、‥‥  ウィ~~~ン 

Dsc08861

ガラ空きのシリンダーヘッドボルトに特殊工具をかけ

懐を下からかすめるように振り上げる

必殺sign01

シリンダーとヘッドを同時、引き抜きアッパーsign03

下から、勢いよく引き剥かれたヘッドとシリンダーは宙を舞い

青い部品皿に叩きつけられた(danger本当はそっと置いてますよ)

拭き拭き キュッ キュッ  拭き拭き キュッ キュッ  今度は磨いてます

Dsc08862

ワンsign01ツーsign01スリーsign01

4,5,6,7,8,9、‥‥‥テ~ンsign03

カンカンカンカンカ~~ンsign03

Dsc08863

私が勝利の余韻に浸っていると

青いマット(部品皿)に倒れこんだシリンダーヘッドはバルブを開き、再びこの場、帰ってくると一言つぶやき目をつぶる

その燃焼室に積み重ねられたカーボンの蓄積が戦いの壮絶さを物語っている‥‥

Dsc08864

セコンドK君の磨きも終わり

朝日が上る午前7:00ごろ先ほどの壮絶な戦いが嘘のように

私とセコンドK君を朝日が包んでくれます(ちなみに今朝は曇りです)

748Rの次なる戦いに向けて、私とセコンドK君は朝食の吉牛に向かうのであったfuji

‥‥‥‥つずく(←あれ?に ってどう打つんだっけ)

今回は戦い風に紹介してみましたsign01 

面白かったーと思っていただけましたら下のクリック応援もヨロシクです

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング【くつろぐ】人気ブログランキングへ

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へにほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ
にほんブログ村

眠さ極限状態ですので、おやすみなさ~い 後、K君おつかれ~

2009年10月 1日 (木)

DUCATIの命 デスモドロミック! シム調整!!

ここ最近、ドカについて、まともなブログの更新ができてませんでしたcoldsweats01

仕切り直しで、皆さんにドカをより理解してもらおうと思いまして

ためになりそうな内容を書いてみましたので、ぜひご覧くださいsign03

(ちょっと長いかも)

DUCATIのエンジンのヘッドバルブに採用されているデスモドロミック機構は誰しも聞いたことのあるものと思いますが、あなたの愛車のエンジンはきっちりメンテされていますか?

ドカのエンジン性能は、この部分がかなり重要になってきますsign01

特に、サーキット走行などで高回転域をよく使っている方は、バルブやロッカーアームなどに負担をかけてしまうことが多く、性能を低下させるばかりで無く、定期的なメンテを怠ることで、最悪ヘッド廻りに致命的なダメージを与えることもあります

バルブのシム調整やヘッド廻りのメンテナンスは酷使されてるエンジンほど、まめにしておく必要がありますので、走行距離20000km以上走っているのに何もやっていないとかいう人はぜひやっておくべきです(dangerサーキット走行が多い人は、もっと短いサイクルでメンテが必要になります)

このメンテは愛車のコンディションを保つ上でも、必要不可欠なのですsign03

今回は、シム調整作業の一部を紹介してみたいと思いますsign01

Dsc08653

996系のヘッド内を参考にしてみました

一つのバルブに2個のカムとロッカーアームが作用してるのがわかりますか?eye

Dsc086541

分かりやすくするため、カムシャフトを外した状態ですsign01

赤 クロージング・ロッカーアーム(バルブの閉じ側に作用する)

黄 オープニング・ロッカーアーム(バルブの開き側に作用する)

各矢印の部分はカムシャフトが接する面ですが、クリアランスが詰まりすぎるとこの面にダメージを受けて、状況によってはコーティングが部分的にはく離することもあるので、その場合は交換が必要になります

画像の矢印部分も多少、キズができています

ロッカーアームの奥にあるスプリングはクロージング側に作用して、バルブの閉じ側の動きをサポートしていますが、パワー損失を防ぐため、軽く作用している程度です

Dsc08644

カムシャフト、ロッカーアーム、などをすべて外すと奥にバルブのステムが出ており、その根元にステムシールついてるので、メンテの際、ここは必ず交換しておきます

ここが弱くなるとオイル下がりの原因になります

Dsc08646

今回のヘッドはO/H作業でしたので、ヘッドをエンジンから外した状態でおこなっています

シム調整だけの場合でも、車種によってはヘッドを下さないとできなものもあるので、そこまでする場合は、合わせてヘッド廻りのO/Hをお勧めします

↑これはクロージングシムの取り付け状態を分かりやすくするためにバルブ単体にクロージングシムのみをつけた状態です、ステムの上についてるハーフリングで下に入っているシムを保持しています

danger実は、このリングの収まり具合が意外と重要になります

Dsc08647

↑クロージングシムを保持しているハーフリングですが、使用過程で金属疲労により割れることがあります

左 破損したもの 右 正常(新品)

画像にあるように、割れてしまうと正常なクリアランスが保てなくなり、ロッカーアームなどにダメージを与える原因にもなるので注意が必要です

ここで、1つ、気にかかる方もいると思いますが、割れてしまった場合にシムまで外れてしまうのでは?

と心配される方もいると思いますが、クロージング側にはバルブの押さえを保持するスプリングが付いているので、簡単には脱落しませんsign01 

ですが破損がひどくなると可能性はあるので、どちらにしても、そのリスクを回避するためでも定期的なメンテナンスは必要なのです

Dsc08650

↑ハーフリングのバリ取りをしているところですsign01

見ても分かるように非常に細かい作業ですが、この作業は、より理想のクリアランスをだす為にも重要な作業なのですwrench

クロージングシムを保持するための新品ハーフリングは端の部分にバリが有り、このままで調整をやると、数値のバラつきがでやすくなります このバリ取りをきっちりやるか、やらないか、で100分の1mm単位のクリアランスが違ってきます

Dsc08656

クリアランスの調整範囲は決められているのですが、その範囲内でも乗り手側の使用(レースやサーキットメイン、ツーリングメインなどなど)によっては、クリアランスを大きくとるか小さくとるかが、調整する側の経験や考えにより、多少違いがでてきます

この辺のことについては、私からどうやればいいとかは、お答えできないのですが、できるだけシム調整については皆さんが信頼しているドカのショップにお願いするのがベストだと思います

ということで、シム調整についてややこしい話をいろいろしましたが、あっさり言えば、

ドカの性能を維持するためには、ヘッドのメンテとシム調整が重要sign03

ということです

少しは理解していただけましたか?

参考になったsign03と思っていただけましたら

ぜひとも下のマークをクリックして、応援よろしくお願いしますconfident

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ
にほんブログ村

2009年7月29日 (水)

シフターフォークの調整!

はじめに一言、7月からブログランキングに参戦しているのですがなかなか上位に入れませんdown (今のところ、10~15位あたりです)

ここ最近は、アクセス数もかなり増えてブログを更新するネタ作りにもいっそう力が入るのですがランキング投票数が伸びませんcrying

投票はブログを見ていただいた皆さんが下のタグを1日にクリックしていただいた数で競われています。(dangerただし、1日に投票できるのは1回のみsign01 タグをクリックすれば私の順位が見れます。そのほか、いろんなカテゴリーのブログも回覧できます)

見ていただいた時に、下のタグのどれかをクリックしてもらえればOKですsign03(サイドバーにもついてます⇒) 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

参加したからには上位目指して頑張りますのでブログを見ていただいた際には、ご協力をお願いしますthink

それでは本題へhappy01

皆さんの愛車のDUCATIで、シフトの入りが極端に悪いなどありませんか?

以前、転倒してシフトペダルを交換した後、シフトUP、DOWNのストローク量が極端に差があるなど違和感があるときは、シフターフォークの位置調整のズレや不具合がでている場合があるので、その時はショップで一度、チェックしてもらいましょうsign01

とりあえず、どういうものか紹介しておきます

Dsc084661

これは、エンジン左側のカバーを外した状態ですが、チェックをしてる部分がシフターフォークです

シフターフォークユニットはシャフトの根元のスライド固定箇所でボルト止めされているだけなのでペダル側に強い衝撃を受けた場合(転倒によるペダルの損傷など)、ズレが発生してしまう可能性があるのです

Dsc08468

ユニット単体にすると、シャフトの先は爪がついていて、この爪でシフトドラムを回転させ、ギアを変更していきます

シフトの上下のストロークに違いがある場合は、このチェック部分の位置が均等に保たれていない可能性があります、後、先ほど説明したスライドの固定箇所とはこの図でいくとシャフト周りの長穴部分のことです

Dsc08469

ユニットを横から見た状態です

矢印の部分にシフト位置を戻すためのリターンスプリングが付いているのですが、古くなったり、距離を走った車両に突然、起こる症状がシフトペダルの位置が戻らない症状です。これは矢印のスプリングが金属疲労で折れてしまったことが原因になることが多いです

古い車両をお持ちの方は、一度、再調整も兼ねてショップでチェックしてもらうのをお勧めしますsign03

danger今回、調整方法などを載せていないのは、ちゃんとした調整を行わないと危険だからです。なのでDUCATIショップできっちりメンテしてもらってくださいsign03

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ
にほんブログ村

2009年4月15日 (水)

タイミングベルトのメンテ

4月に入って急に気温が上がってきて、バイクシーズン到来って感じになりましたね~

皆さん、ガンガン走ってますか?bicycledash←(これチャリンコマーク) 先日、私も久々に気合の入るツーリングをしましたが、以前、紹介した中のキャブのセッティングが今一でしたcrying次回のツーリングまでの課題がでてきたので、キャブセッティング方法なども踏まえてそのうち紹介できればと思います。

というところで今回はタイミングベルト廻りのメンテナンスを紹介します

Dsc08079

↑ ドカの特徴のひとつであるタイミングベルトは他メーカーではあまり取り入れられていない機構なのでドカ特有のメンテナンスです。ただ、この部分のメンテに関してもエンジンにとって非常にシビアな調整が必要になるので、今回紹介する内容はあくまで参考程度にみていただければいいかと思います

Dsc08069

↑ ベルトの調整のやり方は以前はベルトテンショナーにばね量りみたいなやつ(特殊工具)で引っ張って基準をとり調整したりなど、実際は手や機械的な感覚で調整をやっていたため、手馴れた人にしか触れない部分であったのですが、ココ最近の調整のやり方としては、ベルトを弾いて振動数を電気的に読み取り基準を合わせるようになったのと、同時にヘッド側のベルトプーリーがスライドする構造になったため、ベルトの再調整時に発生するタイミングの微妙なズレも修正できるようになりましたsign03なので、ディーラーさんでやってもらえば、確実な調整が可能なので安心してバイクを乗りたいのであれば、やってもらった方がBESTgooddanger古い車種は例外あり)

Dsc08071

↑ これはセンサーで読み取ってる光をわかりやすくするために周りを暗い状態で調整してもらってるところですeye ちなみに、メンテの基準としては12ヶ月ごとの調整、24ヶ月ごとの交換がBESTですが、距離や使用状況、車種年式によってはショップの方に相談してみてください

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ
にほんブログ村

2009年4月 8日 (水)

乾式クラッチのメンテナンス

ドカの特徴のひとつでもあるノーマル乾式クラッチのメンテ法を紹介しますsign03(今回は初心者向きではないかもsign02

Dsc08098

↑ 早速、エンジン右サイドのクラッチカバーを開けてみると…eyeこんな感じでスラッジが溜まりまくってますsweat02

Dsc08099

↑ まずはスプリングのボルトを外して、外側のプレートと中のディスクを取り出します(dangerディスクは車種により材質、枚数、順番がそれぞれ違うので確認しておきます。)それから中心にロッドが入っているので、これも引き出します

Dsc08100

↑ 一通り、外した部品をパーツクリーナーできれいに洗浄して、ディスク、ロッド、プレートなどに損傷、歪み、磨耗が無いか確認しますeye (dangerプレートのベアリングは痛みやすいので要確認) 問題が無ければ組みつけていきます。ロッドはかじりを防止するために薄くオイルを塗っておいたほうがいいでしょう。エンジン側のアウターハウジング側もエアーが使えればスラッジを飛ばしておきます

Dsc08102

↑ ディスクの中に1枚(もしくは2枚)スプリングプレートが入っているのでスチールプレートの内側の部分のポンチマークで確認してディスクの奥側の奥に入っているものは外向きに、2枚入って入る場合は手前のものは内向きに入れていきます(dangerディスクの順番を要確認)

Dsc08104

ディスクを入れたときにアウターハウジングとディスクのつめの部分に2mm以上の隙間がある場合は、ハウジングまたはディスクの交換をお勧めします。磨耗した溝にディスクが引っかかりやすくなり、ジャダーや騒音の原因になります

Dsc08105

↑ 次にプレートを組むときは内側のインナードラムとのかみ合わせに注意して取り付けます。それからスプリングを組むときに上に示している合わせマークを確認しておきます(違う位置だとインナーとのかみ合わせがうまくいっていないはずです) スプリングを固定するボルトは5~6N.mぐらいで締め付けます(dangerオーバートルクに注意、破損する可能性があります) 最後にクラッチレバーを操作して作動確認(レバー引く→プレートが手で回る レバー離す→プレート固定)

ということで、一通りのメンテの流れを説明しましたが、

danger車種や社外スリッパーなどクラッチユニットによりやり方がいろいろ違うので、慣れない方は専門ショップに任せたほうがいいかも(それなら書くなよsign03annoy

できそうな人は十分注意して行って下さい  

それではまた次をお楽しみに

後、参考になったと思った方は↓をクリック!

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ
にほんブログ村

2009年4月 5日 (日)

オイル交換、してますか?(長嶋監督ぽく言ってます)

バイクライフを楽しむのに欠かせないメンテwrench ドカのオイル交換を紹介します

バイクのエンジンオイルは人間で言えば血液みたいなもので、常にきれいな状態に維持しておかないと調子が悪くなる原因になるので、これを見た人は、自分でもチャレンジしてみましょうsign03

Dsc08042

↑ エンジンの右側の下にオイル窓があるので量と色をpencilチェック dangerサイドスタンドを掛けたままだと、油面が左に傾いて見えないので車体は倒立させた状態で確認sign01 eye う~ん…汚いsweat02

Dsc08062

↑ まずはエンジン下にあるドレンボルトを外してwrench、オイルを抜きまーす dangerエンジンが熱いときは、オイル も高温になっているので、やけどしないようにhospital

Dsc08065

↑ 次にオイルフィルターも外しますwrenchココは専用のレンチが必要なので純正をショップで購入するか、KTCで8面カットのレンチがありますdangerKTCは多少工具に加工が必要sign01  工具を掛けて緩めるときは、ゆっくり力を掛けフィルターがなめないように注意、かなりきついときはあせらず、オイルを交換してエンジンを始動させ、少し暖めてからやれば簡単に外せますよgood

Dsc08066

↑ 後はオイル窓の下にストレーナーのフィルターもついているので、ここも外しますwrench

Dsc08067

↑ フィルターレンチは右「純正」、左「KTC」(内側に凹凸があるので削ることで純正より密着性UP、車種によっては外側がエキパイなどに干渉する場合があります) オイルフィルターは取り付ける前にある程度、オイルを満たしておきます(理由:オイルラインにエアが入らないようにするため)、ストレーナー(車種によっては多少型に違いあり)はきれいにして損傷など無ければ再使用します 後は、ドレンボルトのガスケットを変えて取り付ければOK good 最後に新しいオイルを入れます

Dsc08045

↑ オイルを入れる基準は窓の脇にラインがあるのでUPラインまで入れます、そして、一度エンジンを掛けてオイルを吸い上げた後の状態がLOWライン以上であればOK 足りないときは補充しますが、このときに入れすぎに注意danger オイル量は車種、年式で多少差がありますが3~3.5Lです。オイル量はあくまで目安なので、最後はオイル窓の油面の位置で確認するようにsign03  あっそうそう、オイルフィルターが硬くて外れなかったときは、最後のチェック前にやれば、ほどほどに暖まってすんなり外せますよ

ということで、これを見た人はぜひやってみてください、工具と要領さえわかれば10分~15分程度でできますよ

参考になりましたか?良かったら↓をクリック 

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ
にほんブログ村

2009年3月23日 (月)

シリンダーヘッドのO/H 完成

ヘッドの磨きで~す

Dsc07889

かなり気合を入れて磨きをいれたので、ピカピカになったかな?細かい部分はほどほどでついでにポート研摩とバルブシート廻りのバリ取りもやってみました。

Dsc07891

ポート研摩するときは気流の流れをイメージしながら空気の気持になって「 スイ~  スイ~ 」てな感じで

Dsc07890

ヘッドの磨きが仕上がったら、バルブのすり合わせをして、後はガスケット類の交換とカム、ロッカーアームをヘッドと同じように研磨したら、組み立て後、ドカの一番重要なバルブクリアランスの調整をしたらヘッド完成

そのうち、ドカのヘッドの最大の特徴であるデスモの構造でも書いてみようかな~

次はシリンダーです

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ
にほんブログ村

Well Tech     HPはこちらから     ↓ ↓ ↓ ↓   

皆さんへアンケート 

  • 皆さんの参考になればと思い、   アンケートコーナーを設けてみました!よければ気軽にお答えください
  • あなたは右?左?
  • あなたの愛用している           ヘルメットメーカーは?
  • あなたが好むタイヤは?

ブログランキング          ただいま参戦中!       カテゴリー《バイク》

  • ランキングの説明
    このブログランキングは下のタグをクリックしていただければ投票できます。1日にクリックされた数を集計して1週間のクリックされた合計数で競われています。投票は1日1回、何度でも投票できますので、私のブログを応援していただけるのであれば、御回覧時に投票お願いします その他、カテゴリーごとにいろんなブログも楽しめます!
  • blogram.jp
    blogram投票ボタン
  • バイクブログ ドゥカティ
    にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ
  • バイク カスタム・整備
  • 人気ブログランキング
    人気ブログランキングへ

気になる天気は?

いろいろ